家事炊事が得意だから専業主夫を申し出る男性って女性から見てどういう印象をもたれるのか?

男性だから社会で仕事、女性だから家庭に入る、という時代はもう終わりました。

むしろ専業主夫を求める女性が今は増えてきています。家事より働くことが好きな女性は世の中に沢山います。

せっかく仕事が軌道に乗っていたのに結婚を機に家庭に入り、結果不完全燃焼で仕事から離れてしまったと後悔する女性が沢山いるのが現代です。

何も後ろめたく感じる必要はないのです。女性に家庭を養えるだけの収入があり、家事炊事が得意な男性と結婚するのなら、男性が専業主夫を申し出ることに何の問題はありません。

日本では男性と女性の役割が、昔からカテゴリーにあてはめられてきました。でも家事分担のことだけではなく、どんな事柄においても、得意な方が主となって行動した方が効率的で無駄のない生活がおくれます。

それに苦手なことを強制されるより、好きなことをした方がお互いのストレスも少なく済みます。

家事だってすべてを片方の人だけでこなす必要はなく、料理が得意な人と掃除が好きな人で役割を分けたって構いません。お互いの生活なのだから、お互いが良ければそれで良いのです。

あなた自身も周囲の目に振り回されず、あなたとパートナーで過ごしやすい生活を一番に考えてみてください。