男性器の大きさと、セックスの気持ちよさについてー小さい人は何をやってもダメなのか??

男性は、性器の大きさについて人と比べがちですし、必要以上にコンプレックスを持っていたりします。

でも大きさについては、はっきり言って男性が思っているほど女性は気にしていません。

実際の女性はAV女優とは違います。気持ちよさばかりを求めるのではなく、デートをするように彼とのセックスを楽しみたいのです。

一般的には、大きいほうが物理的に気持ち良いことが多いのは事実です。でもそれが絶対という訳でも、全てという訳でもありません。

男性のモノが大きすぎると、痛いから苦手と言う女性もいます。

小さいことよりも、大きすぎて痛いと言っているのに聞いてくれず、無理やりセックスを進められてしまう方が女性からすればよっぽど苦痛です。

いくら大きくてもパートナーによって合う合わないというのがあるので、一概に大きいから良いとは言えないのです。

それとは反対に、小さくてもテクニックがあったり、女性を大切に扱える男性であれば、十分に女性を喜ばせることが可能です。

女性にとってセックスは相手の愛情を確認する意味合いがとても大きいからです。

ですから、優しく抱きしめられたり、気持ちのこもった言葉をかけてもらうのも女性にとってはセックスの一環なのです。

大きさを気にするよりは、彼女に愛情を持ってテクニックを磨きましょう。技術をしっかり向上させることで、大きさの問題以上の武器になりますよ。(小さくて自信無いなら、催眠セックス学んだら?笑)

口下手彼氏の本音!毎日「好き」「愛してる」って言われたい女性の心理を教えて!

口下手な男性ほど「好き」とか「愛してる」と口に出して言うなんて恥ずかしいですよね。しかも毎日言うなんてとんでもない!と。

でも覚えておいてください。口下手なあなたが言ってこそ、これらの言葉は絶大な効果を発揮するんですよ!

男の人は気持ちを言葉より行動で示すと言われています。

好きという気持ちがあっても「そんなのは当たり前。だから一緒にいるんだ」と考え、あえて言葉にはしないまま、彼女と一緒に過ごすことが気持ちの現れだと考えている節があるとかないとか…。

でも女性からしてみれば、「言ってくれないと、本心ではどう思われているか分からない」というのが本音です。

周りを見渡せばあんなに仲の良かったカップルでさえ、急に翌日別れたなんてことが日々起きています。

私たちは大丈夫…と思っていても、今までにあった二人のケンカやトラブルを、出会った日から順番に思い出していくと「でもあんな事もあったし。本当に大丈夫かな?」と不安になってしまうのが女性なのです。

ですから女性は、あなたが毎日だって「好き」と言ってくれれば、その日1日を安心して過ごせるわけです。「今日もお互いちゃんと好きで良かったなあ」なんて風に。

流石に毎日「愛してる」なんて言うのは無理かもしれませんが、「好き」と思った瞬間が来たら、なるべく言葉に出してあげることで彼女は喜んでくれるはずです。

そして普段愛情を言葉にするのが苦手なあなたが、こういった言葉を言ってこそ、彼女の方もキュンとしてあなたに惚れ直すこともありますからね。